私の祖父の家は奈良の生駒にありますが、10年前にリフォームされました。理由は生駒の活断層でした。

住環境を改善する快適リフォーム方法

奈良の生駒!リフォームした理由

私の母方の祖父の家は奈良の生駒にあって10年前にリフォームされました。当時祖父は70歳で祖母は68歳だったのですが築30年をこえる家で足腰が弱ってきている祖母の為にバリアフリーの設備を搭載するのと地震対策の家にするためでした。まずバリアフリー対策をしては玄関や廊下に手すりをつけ部屋と部屋との間にあった段差も取り除きました。また祖母がリウマチを患わっていたこともありキッチンもガスコンロから電気にかえました。地震対策としては壁や柱などの耐震補強を行いました。なぜ祖父が地震対策をしようと思ったのかというと奈良の生駒には生駒から大阪平野を通る活発な活断層があるからです。この活断層でマグニチュード7から8クラスの地震が30年以内に起こる確率はかなり高いそうです。また別の断層と連動してしまった場合は阪神大震災規模になると言われています。なので祖父は自分の家をずっと守って私達の親戚同士が祖父の家で集まれる環境を整えておきたいので耐震補強をしました。
リフォームが完了してから祖父と祖母は住みやすくなったと大変喜んでいましたがリフォームから5年後に祖母は亡くなってしまいました。そして今は祖父が一人でバリアフリーの整った家で暮らしています。もちろん高齢なので心配はありますが転倒などの危険は普通の家に比べれば低いので少し安心しています。私は祖父には祖母の分までリフォームした家で長生きしてほしいと思っています。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017住環境を改善する快適リフォーム方法.All rights reserved.