最近は奈良や京都などでも古民家のリフォームをして生活する人やショップを経営する人が増えてきています。

住環境を改善する快適リフォーム方法

奈良などで古民家のリフォーム

最近は奈良や京都でよくあるのですが、町の古民家をリフォームしてそこで生活したりショップを経営したりする人が増えているようです。古民家のリフォームといっても内装や外装を大きくやり直すのではなく、傷んできる個所をすこし手直しして強度を保ったり、場合によっては壁などの補強をしたりする場合があるようですが、多くは建物自体はほとんど変化していないように思います。何度かそういった古民家をリフォームしたカフェやショップに入った事がありますが、すごく落ち着いた気持ちになれるのは日本人の性分なのかもしれません。
古い日本の家などでは土間というモノがありました。いわば玄関のようなモノですが、奈良の古民家などでもこのような土間があったりします。外観は大きくリフォームされていなかったりしますから、懐かしい昔の家に帰ってきたような気分でドアを開けると、まず土間があったりします。そして長い廊下を歩いていくと井草のいい匂いのする畳の和室などがあったりもします。広い古民家などでは、廊下を歩いていると中庭などがあったりして、大変風情があります。和室では昔懐かしいちゃぶ台やテーブルなどが置かれていたりして、畳の上に座布団を引いて座ります。自分は直接畳の上に座るのが好きですが…なぜか畳の上に座ると気分も落ち着いてきますし、そういった場所では大きな声でしゃべっている人も少ないので自分たちも自然と静かな声でしゃべったりします。そのような雰囲気も気持ちを落ち着かせるので好きなのかもしれません。
奈良に行った際は、有名なお店でお茶や食事もいいですが、ちょっと町中をブラブラ探索してこういったお店を探すのも楽しいモノです。

Copyright (C)2017住環境を改善する快適リフォーム方法.All rights reserved.